シルバー植木職人 2019 本文へジャンプ
2019.1.20   くもり     ◆◆植木道具の手入れに    2
植木職人として働き5年が過ぎようとしている。現役時代N社でIT関連の仕事をしていたとはとても思えない毎日だ。楽しいですよ憧れの植木職人ですからね(笑) だいいち職人さんは何事にもこだわります。でも腕が上がっていないのに変にこだわっていると、「ちょっと違うんじゃない」と言われそうだ。でも少しはこだわりをもって仕事をしたいな。植木道具の手入れにいくらこだわっても何も言われることはありません。オフシーズンの暇つぶしにはこれがイチバンです。もちろん一日でし終えるのは勿体ない。気が向いた時にゆっくり磨き上げます。ピッカピカに出来上がると気分がいいですね。
研磨材としてピカール・カビキラー・各種ヤスリ・砥石などあるが最後は錆止めを兼ねてオイルスプレーを降りかけて仕上げとします。こうして並べると随分ありますねぇ。このほかにも太枝切鋏やロング剪定鋏等ある。

剪定鋏・植木鋏・刈り込み鋏・葉切鋏・芽切鋏と用意している。イチバン使うのは植木鋏かな。

バリカンを4台持っているがいつも使うのは250mmと400mmだ。シルバーは時間短縮のためバリカンを多用するが、私は余り使わないことにしている。鉈は滅多に使わない。刈り込み鋏は刃の長いのと短いものの2丁。
2019.元旦        ◆◆今年も切り戻し透かし剪定で   1
ましておめでとうございます。新居に引っ越し2年目になりました。生活のリズムが何もかも変わる中、シルバー植木職人として活動するのだけは左程変わり無い。ただこちらのシルバーにお世話になって感じているのが、トリマー植木職人のイメージが強く感じられることだ。私は今年も「切り戻し透かし剪定」にこだわり植木に優しい剪定とお客様に喜ばれ感謝される仕事をしたいな。
 
私が担当して2年目の南郷中学校庭園の赤松。3年目となる今年は棚ごとの形作りを目指したい。